【PR】

Android Wear搭載のスマートウォッチは、他にも数多く販売されています。

ここでは、Huawei Watch以外の代表的なスマートウォッチを

他サイトのレビューを参考にさせていただきながらご紹介します。

Motorola 「Moto 360 2nd gen」

【公式サイト】

【参考レビューサイト】

 

モトローラ社からは、スポーツタイプのスマートウォッチとこのタイプが販売されています。

Moto360に関しては、第1世代の後継機として第2世代が2016年5月に発売されました。

 

Moto 360 2nd genは、男性用が直径46mm、女性用が42mmとなっており、

Huawei Watchよりも大きい仕様です。

男性用が大きい分、バッテリーも多く積んでおり400mAhで約2日持ちます。

女性用は、300mAhで約1.5日とHuawei Watchと同じですね。

 

そのバッテリーは、ワイヤレス充電となっているので

毎日充電するということを考えると便利かもしれませんが、

その分充電時間は遅くなります。

モトローラ Moto 360 Watch スマートウォッチ Android Wear 【並行輸入品】
by カエレバ

ASUS 「ZenWatch3」

【公式サイト】

【参考レビューサイト】

 

予想していたほど盛り上がりに欠けると言われているウェアラブル端末市場に

積極的に新製品を投入し続けているのが、ASUS(エイスース)です。

 

製品の特徴は、物理ボタンが3つ付いていることです。

上部と下部のボタンに関してはカスタマイズ可能ということなので

よく使う機能を呼び出しやすくなることにメリットがあります。

 

バッテリーは340mAhなので、Huawei Watchよりも容量は大きく、

Moto360 2nd genよりも小さいというところです。

60%までの急速充電(15分)に対応しているところが良いところです。

ASUS スマートウォッチ ASUS ZenWatch 3 シルバー WI503Q-RGR04
by カエレバ
【広告】

Fossil 「Qマーシャル」

【公式サイト】

【参考レビューサイト】

 

老舗の腕時計メーカーがスマートウォッチに参入したということで話題になりましたが、

やはりその外観は美しく腕時計そのものといった感じがします。

腕時計メーカーだからなのでしょうか、竜頭は3時の位置にあります。

HuaweiやMotorolaとの違いがここに出ています。

 

また、製品のラインナップが多いのも特徴的です。

メンズ、レディース、色やバンドの種類の組み合わせが豊富です。

 

バッテリーその他の性能は、特筆するべきものはありません。

他の製品とそれほど違いは見つけられません。

[フォッシル]FOSSIL 腕時計 Q MARSHAL スマートウォッチ FTW2109 メンズ 【正規輸入品】
by カエレバ

4社製品のスペック比較

Huawei Watchを含めた4社の製品の基本スペックを比較表にまとめます。

できるだけ公式サイトからの情報を使っていますが、

足りない情報はレビューサイトを参考に記載させていただいています。

HuaweiMotorola
(男性用)
ASUSFossil
直径42mm46mm45mm45mm
バッテリー
容量
300mAh400mAh340mAh360mAh
連続使用時間約1.5日約2日不明約1日
バンド交換可能
(18mm)
交換可能
(22mm)
純正のみ
(不明)
交換可能
(22mm)
重量
(バンド込)
約61g
(レザータイプ)
約44.6g48g
(本体部のみ)
約75g
(レザータイプ)
充電方法マグネット式ワイヤレスマグネット式ワイヤレス
充電時間約75分約120分約50分約120分

 

前のページへ 次のページへ
【広告】