【PR】

iPhoneユーザがHuawei Watchを購入する前のチェックポイントをまとめます。

実際に購入するという時にご活用ください。

購入前のチェックポイント

腕時計として使えるか

なんと言ってもスマートウォッチは腕時計です。

腕時計として活用できるかどうかは重要なポイントです。

 

実際に腕に装着したとき重たくないか大きすぎないかをチェックしましょう。

1日中装着して活動することを考えると、あまり重たくない方がいいかもしれません。

逆に、しっかりと重みを感じる方が良いという人もいるでしょう。

 

重たくない方が良いという方にはレザータイプを、

重みを感じる方が良いという方にはメタルバンドタイプを

それぞれオススメします。

ファッション性

Huawei Watchはビジネスシーンに合うスマートウォッチとしてデザインされています。

エクササイズや活動量計として使いたいというのであれば、

Huawei Watchを購入するべきではありません。

 

普段使いのできるファッション性を兼ね備えた高級腕時計として

Huawei Watchを選んでください。

【広告】

バッテリーの持ちと充電時間

普段使いのできる腕時計であれば、使っている最中に充電するなんてあり得ません。

最低でも1日は充分に使用できる必要があります。

バッテリーは使い方によって、その減り方が変わりますので、

1.5日連続使用可能であることは余裕を持った使い方ができます。

 

万が一、

バッテリーが切れてしまった場合には急速に充電してくれる方が使い勝手が良いです。

その観点からはワイヤレスよりもケーブル接続の充電が良いでしょう。

ウェアラブル端末としての機能

スマートウォッチを購入するのは、ウェアラブル端末としての期待があるからです。

Huawei Watchだろうが他社の製品だろうが、

AndroidのOSを使っている限り大差はないと考えていいでしょう。

 

昔、映画やドラマで見たように時計で様々な情報を見ることができたり、

スマホなど外部機器を操れることは非常にワクワクします。

近未来の想像の世界でしかなかったことが、今現実になっているのです。

iPhoneとの連携時の制限

iPhoneユーザは、Androidスマホユーザに比べて使用の際に制限が多いことを認識するべきです。

スマートウォッチをどういう風に使いたいかということと

iPhoneとの連携で生じる制限を比べて、問題ないことを確認しておいてください。

実機を手に取って見てみよう!

ここに書いていることは参考にしつつも、安くない買い物になりますので

やはり実機は手に取って確認しておきたいところです。

 

ところが、Huawei Watchに関して言えば、どこの量販店にでも置いているわけではなく、

ビッグカメラかヨドバシカメラでしか取り扱っていないので、

どちらかの量販店に行ってください。

 

また、私が実際に足を運んだときには

腕時計の売り場ではなく、ウェアラブル端末の売り場に置いてありました。

参考にしてください。

 

【Huawei Watch公式サイト】

 

なお、Huaweiの公式オンラインストアは楽天市場のみに開設されています。

Amazonでの取り扱いは代理店のみとなっていますので

こちらも併せて参考にしてください。

HUAWEI WATCH W1 CLASSIC LEATHER MERCURY シルバー(バンド : ブラックレザー)ファーウェイ スマートウォッチ MERCURY-G00【日本正規代理店品】
by カエレバ

前のページへ

【広告】