【PR】

スマートウォッチとは?

スマートウォッチとは腕時計型のウェアラブル端末のことです。

腕時計にOSを搭載したコンピュータを内蔵しており、

スマホと連携して動作することが最大の特徴です。

 

スマートウォッチは、単体でも動作しますが、

スマホと連動させることでその本領を発揮します。

 

そもそもスマートウォッチは、

スマホの使い勝手を良くするために作られたのだから当然です。

だから、スマートウォッチとスマートフォンがうまく連携するかどうかは

スマートウォッチを使う時の非常に重要なチェックポイントです。

スマートウォッチのOS

スマートウォッチとスマホの相性が生じてしまう原因は、OSにあります。

Apple社から発売されているApple Watchは、Watch OSを搭載しており、

その他ほとんどのスマートウォッチは、GoogleのAndroid Wearという

OSを搭載しています。

 

Huawei WatchはAndroid Wearを搭載したスマートウォッチです。

だから、iPhoneユーザHuawei Watchを購入しようとするとき、

何ができて、何ができないかを知っておくことは大切なことです。

【広告】

スマートウォッチの種類

スマートウォッチには明確な定義がありません。

だから、市場にはいろいろなタイプの”スマートウォッチ”があります。

Apple WatchやAndroid Wearに代表される

タッチディスプレイを搭載したタイプが一般的なスマートウォッチです。

 

しかし、タッチディスプレイを搭載しておらず

アナログ時計にセンサーを付けただけの時計も

スマートウォッチとして発売されています。

 

アナログ型は、タッチディスプレイ型と見た目の区別がつきにくいので、

特にネットで購入するときには注意が必要です。

 

他にも、リストバンド型のものやネオンサインのような

表示画面を持ったタイプのものもあり、

それらも広義にはスマートウォッチと呼ばれることもあるようです。

 

なお、リストバンド型はアクティブトラッカー(活動量計)と言って

心拍や歩数など生体情報を常に測定することを目的としたものが多いようです。

新型スマートフォンとスマートウォッチ

エクササイズ向けvsビジネス向け

スマートウォッチは、主にエクササイズで利用することを想定したデザインと

ビジネスシーンでも使えるようにデザインされたものがあります。

 

スマートウォッチの代名詞とも言えるApple Watchは、

エクササイズに利用することを想定して作られているようです。

そのため、活動量計の機能が盛り込まれています。

 

一方でHuawei Watchのように、

高級感を演出したデザインを採用してスーツを着ていても違和感なく

装着できるスマートウォッチがあります。

このようなビジネス向けにデザインされたスマートウォッチが最近は増えています。


スマートウォッチでできること

スマートウォッチを使うと、例えばメールを読んで返信したり、

天気予報や地図を見たり、今日の予定を確認するといったようなことができます。

 

また、電話の着信があればスマートウォッチがそれを教えてくれて、

そのままスマートウォッチで通話ができるのです。

時計に向かってしゃべるというのは、何となく抵抗がありますが・・・。笑

 

スマートウォッチを利用するようになると、スマホを取り出す機会が減るでしょう。

単に通知を確認するだけなら、スマートウォッチでできるからです。

つまり、スマートウォッチは、スマホの使い方までも変えてしまいます。

 

このようにスマートウォッチを身につけると、

今までにないワクワクした新しい体験を私たちは享受することができるのです。

一度体験してしまうと、この快適さからは抜け出せません。

次のページへ

【広告】